初診WEB予約

03-6303-2194

instagram

マウスピース矯正

目立たない歯並び矯正治療
「マウスピース矯正」

矯正治療

歯列矯正とは

歯列矯正というと歯並びの改善をイメージするでしょうか?
歯並びの改善は見た目だけではなく、噛み合わせの機能や磨きにくい歯を磨きやすくして虫歯や歯周病の予防を狙うなど多岐にわたります。
歯列矯正にも一本の歯の治療から全体の歯並び、そして骨格の矯正から様々な治療方法があります。
ご自身の状態からどの治療方法が適応になるのか、生活背景を含め検討していくことが重要です。

目次

ワイヤー矯正

① 唇側矯正

最も知られている矯正治療の代表格がワイヤー矯正です。
ブラケットと言われる歯の表面に接着させる装置にワイヤーを通して行う矯正治療です。
以前は金属製のブラケットがメインでしたが、今は透明や白などの目立たないタイプのものに変わってきています。
オーソドックスな治療法ですが、あらゆる症例に対応されている歯科矯正治療の王道になります。


② リンガル矯正

ブラケットを歯の裏側に装着する矯正治療になります。
舌側矯正とも言われ、表側に装置を付けないことから矯正治療中でも目立たずに行える治療法です。


③ ハーフリンガル矯正

目立ちやすい上顎の矯正は舌側、唇などで隠れやすい下顎は頬側にブラケットを装着するパターンの矯正治療です。


④ マウスピース矯正

アライナーと呼ばれるマウスピースの矯正装置で行う歯列矯正です。
ブラケット、ワイヤー等の金属を使用しないため、目立たずに治療を行うことができます。


矯正治療方法の比較

※画像クリックでPDFが開きます


人気のマウスピース矯正

マウスピース矯正とはブラケットやワイヤーなどの金属を一切使用せず、マウスピース(アライナー)を使用して歯を移動させる治療です。厚さは1mm以下と薄く、違和感が少なく使用できます。ブラケットやワイヤーにあった口の中の傷もできない装置です。また透明であることから周囲から目立ちにくい特徴があります。


マウスピース矯正
インビザラインGo
について

インビザラインGoとは

コンピューター機能A Iによるデータ分析を駆使し、前歯に特化した矯正及び部分矯正をより早く的確に行えるマウスピース矯正装置がインビザラインGoです。 昨今マウスピース矯正はメーカーや種類が多々ありますが、インビザラインGoはiTeroエレメントというデジタル印象採得装置を使用し、デジタル画像技術と審美的要素を融合して独自に開発された歯科矯正装置になります。今では世界100国以上、800万人を超える患者様を治療しているシステムです。(2020年1月現在)


インビザラインGoの特徴

前歯に特化した矯正治療

前歯のでこぼこや出っ歯、反対咬合(一部に限る)の改善ができます。奥番の噛み合わせは変化しないため、現在と同じような噛み合わせを残すことが可能です。

その場でシュミレーションできる

iTeroを利用してAIが過去の膨大なデータから治療の可能性をその場でシュミレーションしてくれます。治療後のイメージを視認できるため、改善した歯並びの状態を知ることができます。

治療期間は1年以内、費用は抑えられる

インビザラインGoは前歯に特化した矯正治療であるため、全体の矯正治療に比較し短期間で治療を終了することができます。
計画通りに治療が進んでいけば、マウスピース(アライナー)は最高20枚で、半年の治療期間で終えることができます。
そのぶん費用も通常の矯正治療よりも抑えられ、40〜50万円(税込 44〜55万円)ほどとなっています。

簡単な取り外し

アライナーはいつでも取り外し可能です。
食事の時は外してもらいますが、それ以外でも大切な場など状況によって外しておくことができます。

透明で目立たない

ブラケット装置と違い透明であることから目立ちません。
相手に気付かれず、知らないうちに歯並びの改善を行うことだって可能です。

治療計画はオーダーメイド

iTeroを使用してシュミレーションされた計画を、歯科医師が改めて1歯1歯ずつチェックし、最終的に患者様ごとに最も良い歯並びとなるよう修正します。
実際に患者様の口の中を直接見ている歯科医師が行うことが、何より患者様の希望に寄り添った治療計画を立てることにつながります。


インビザラインGoのデメリット

装着時間は1日20時間以上

食事以外の長時間つけていることが治療成功のポイントになります。
20時間以上装着していても、取り外し回数が多いと効果が減弱しますので注意が必要です。
ブラケットを使用した矯正治療は、常に装置がついていることから常時矯正力がかけられていますが、外せるマススピース矯正は途中で止めることができてしまうのが大きなデメリットとなります。

奥歯の歯並びや噛み合わせは治療できない

前歯の見た目に特化した矯正治療となるため、奥歯単独の歯並びや噛み合わせの改善はできません。
また、歯を動かしていく過程で全体としては噛み合わせが変化していくため、治療終了後に噛み合わせの調整が必要になってくることがあります。

成人のみ対応している

顎骨の成長途中や歯の萌出途中の未成年は治療非対象となります。


インビザラインGo費用

※画像クリックでPDFが開きます


※追加アライナーについて

追加アライナーとは治療の途中及び治療終了後に修正が必要になった場合に改めて新製されるアライナーのことを言います。 最初に作製されたマウスピースでの治療が、継続してできなかった場合や初期の治療予測と異なる結果が生じてきた場合に作られます。 使用時間が守られていなかったり、使用方法に誤りがあるとこのようなエラーが生じてマウスピースが入らなくなることがあります。そのような際に、現状の口腔内のスキャンデータを採取し、設計を再度行って新しい計画に沿ったアライナーを製作することがあります。


治療までの流れ

01

カウンセリング

まずはお悩みのご相談をお受け致します。また口腔内の状況を確認し、歯並びの問題から虫歯や歯周病など他の問題点はないかをチェックします。どの治療法、治療順番が良いのかをご相談します。

02

治療シュミレーション

口腔内スキャナーiTeroを使用して口腔内スキャンデータを取ります。10~15分程かけて口の中のデータを取得し、その場で治療前後のシュミレーションが行えます。マウスピース矯正終了後の治療イメージを実感していただけます。

03

治療前トリートメント

大きな虫歯や歯周病など、矯正治療を行う上で問題となる状態を治します。また全体のクリーニングも行い、綺麗な状態から矯正治療をスタートしていきます。

04

矯正治療スタート

まずはマウスピースの取扱い方の確認をし、1枚目のアライナーのスタートです。1枚目を使用して頂き、その後正しく使えているかを確認します。問題なければ全アライナーの半数をお渡しします。半数が終わったのち、計画通りに歯の移動が行われているかを再診査します。問題なければ残りのアライナーを全てお渡してゴールに向け進んでいきます。

05

治療完了・保定開始

矯正治療は後戻り対策が重要です。ゴールとなる歯並びにたどり着いたら、布保定装置(リテーナー)を装着し、後戻りの防止を努めます。

医療費控除について

医療費控除とは、1年間に支払った医療費の総額が一定金額(10万円)を超える場合、その翌年の確定申告で医療費控除を申告すれば、いくらか税金の還付を受けられる制度です。

これから受ける治療が、医療費控除の対象なのかどうか気になる方は、スタッフにご相談ください。

医療費控除について